ファステイング

3ステップで出来るファスティング!

ファステイング3ステップ
スポンサーリンク

今回お話しするのはファスティングのやり方についてです!

ファスティングを始める前に
知っておいてほしいことがあります。
それは、ファスティングは大きく
3つのステップに分かれて次の順番で
進めていくと言うことです。

ステップ1準備期間
ステップ2ファスティング期間(断食期間)
ステップ3回復食期間

以上の3ステップで進めていきます。

ステップ1準備期間

まずは、ステップ1の準備期間になりますが

ステップ2のファスティング期間に入る前の
準備期間になります。
できれば2日間以上かけて行った方が体に
負担も少なく良いでしょう。

準備期間で何をしたらいいかと言うと
体を少しずつならしていくことが必要です。
具体的にどのようなことをしていくかと言うと
食事に気を付けていかなければなりません。

例えば、下記にあげるものを摂取するのは望ましくありません。

・アルコール類
・カフェイン
・肉や魚、玉子などの高脂肪高タンパク質の食品
・食品添加物
・人口甘味料
・精製食品
・スイーツなど
・パン、ラーメンなどの小麦系
・揚げ物や脂っこいもの

といったような
身体に負担になるような食事は
控えなければなりません。

そして、食事を取る時は
よく噛んで食べ過ぎないことがポイントです。
少なくても夜8時までには食事を終わらせましょう。

準備期間は何を食べたらいいの?
と思われる方もいると思いますが

食べても良いものはと言うと
「まごわやさしい」と呼ばれる食品のみです。

「まごわやさしい」て何?

と思われるかもしれませんが
「まごわやさしい」については
こちらをご覧ください。

ま・・まめ、豆類・納豆・味噌・豆腐など

ご・・ごま、ナッツなど

わ・・わかめ、海苔など

や・・やさい 野菜

さ・・さかな ※魚に関しては食べないほうが良い

し・・しいたけ、えのきたけ、マッシュルームなど

い・・いも ジャガイモ、サトイモ、かぼちゃなど

これらの食事を取ることでスムーズに
次のステップに進むことができます。


ステップ2ファスティング期間(断食期間)

それでは次の
ステップ2に進みます。
ステップ2はファスティング期間(断食期間)です。

ファスティング期間は何日行えば良いかと言うと
出来れば3日以上行うことをおすすめします。

何故かと言うと3日を経過してから、
脂肪の燃焼速度が一気に加速する現象が起こるからです。

仕組みとしては
人間の体内では通常ブドウ糖を消費して
エネルギーに変換するのですが

この食べ物に含まれているブドウ糖が
なくなったときに初めて脂肪を
燃焼することができるんですね。

その過程でブドウ糖に代わるエネルギーとして
ケトン体と言う物質が生成されます。

そこで生成されたケトン体と言う物質
がすごい効果を発揮するんですね。

このケトン体はファスティング3日目を過ぎますと、
通常の10倍〜50倍ほどの量が分泌されます。

つまり、脂肪燃焼が通常の
10倍〜50倍も燃えやすい状態になると言うことです。

さらにこのケトン体という物質は
脳や体のエネルギーの元にもなりますので
空腹感もあまり感じられなくなり
デトックス効果も高まります。

すごい効果ですよね!

それと、ファスティングの期間中は、
水分を取ることと酵素ドリンクを飲むことを
忘れないでくださいね!

水は1日2リットル以上飲むことをお勧めいたします。

酵素ドリンクの方は決められた分量を
数回に分けて飲むようにします。

できれば、酵素ドリンクは
酵素原液100%と書いてある物を選び
添加物や保存料の入っているものは
避けた方が良いでしょう。

もしも、ファスティング期間中に
頭痛やふらつきなどが生じた時は
梅干しを一粒食べたり、天然塩を2~3グラム程
摂取すると良いでしょう。

ファスティング期間中は
かなりきつい状態になるかと思いますので
自分の生活パターンをなるべく変えないように
気分をリラックスした状態で行うよう心がけましょう。

もし、連休等で長期休みが取れる日があるなら
その時に試してみるのも良いかもしれませんね。

あと念のためにお伝えしておくと
激しい運動は禁物です!

もし運動がどうしてもしたい場合は
ウォーキングなどの軽めの有酸素運動に
留めておいてくださいね!

軽めの有酸素運動なら脂肪燃焼を
高めたりしてくれますので大丈夫です。


ステップ3回復食期間

最後になりますが、
ステップ3、回復食の期間についてです。

ステップ2のファスティング期間を終えた後、
デトックスされた体はキレイな状態になっています。

また、この後は今まで我慢をしてきた
食事を取ることができます。

ですがここで
油断をして普通に食事をとってしまうと
ファスティングの効果を得られず
今までやったことが無駄になってしまいます。

このステップ3の回復期間が
とても重要で大事な期間になっているのです。

なぜかと言いますと、
ステップ2のファスティングを終えた後と言うのは
赤ちゃんとお腹の中と同じ状態なんですね。

それだけ体がキレイになっているんですね。

もし、赤ちゃんが普通の大人と
同じご飯を食べたらどうなるでしょうか?

すぐに消化不良を起こして体調を崩してしまいますよね。

ということでいきなり普段通りの
食事をとる事はやめましょう。

普通の食事をしてしまうと、
赤ちゃんと同じく体がびっくりして、
消化不良を起こしてしまいますからね。

今まで辛い思いをして
きれいになった体が食事の仕方を間違えただけで
腸内環境が乱れてしまい体に良くないものを
吸収する羽目になってしまいます。

ステップ2のファスティングを行った状態は
普段よりも体内が悪いものを吸収しやすい
状態になっているのでたちが悪いです。

なので、せっかくファスティングで得られる
効果を無駄にしないようにしましょうね。

ということで、この回復食期間では
消化に良い物から徐々に摂取していき
徐々に普段の食事に戻していくようにしましょう。

これをしっかりと守ることが重要です。

じゃあ、
回復期間は何から食べたらいいのかと言うと、
ズバリ「スッキリ大根」です。

すっきり代行についてはまた別の機会にお話しするとしまして…

なぜこのすっきり大根が良いかと言うと
宿便を出す効果があるからなのです。

すっきり大根で身体をならした後は、
ステップ1の準備期間でお伝えした、
食品から中心に取り入れるようにしてくださいね。

覚えていますか?

「ま・ご・は・や・さ・し・い」

ですよ!

ちなみにこの回復食期間中の味つけは
なるべく薄味にしてくださいね。

ここからは、
メニューの例を紹介していきたいと思います。

1日目は、
お粥に梅干し
あと季節のフルーツを少し

2日目は、
お粥に味噌汁
野菜の煮物なども加えると良いでしょう。

3日目からは、
油をとっても大丈夫ですが、
良い油を摂取してくださいね。
亜麻仁油やオリーブオイルなどがおススメです。

間違ってもサラダ油やキャノーラ油はやめてくださいね!
あと、炒め物や天ぷらなど揚げ物は
もう少しの間我慢してくださいね。

回復食期間としては、
4日以上取ることをおすすめいたします。
実際にファスティングしてた期間にもよりますが、
最低4日間は取るようにしてくださいね。

ステップ3の期間では、
「ま・ご・わ・や・さ・し・い」のメニュー中心にして、
肉、魚、玉子などの動物性たんぱく質や
スイーツや揚げ物、小麦などのグルテンなども
摂取を避けるようにしてください。

あと、食事の時はよく噛んで消化を助けるようにしてくださいね。

以上になります。

いかがでしたでしょうか?
これがファスティングの3ステップになります。

今回も貴重なお時間をさいて
最後までご覧頂きありがとうございました。

次回の記事も楽しみにしていてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク