ニュース

植松聖被告死刑に恐怖か?無罪の為に精神異常演技だと炎上!

植松聖被告
スポンサーリンク

2019年1月8日、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で、2016年に入所者ら45人を殺傷したとして殺人罪などに問われている、植松聖被告(29)の初公判が行われました。

証言台の前に立っていた植松被告は小声で「皆さまに深くおわびいたします」と述べた後、突然顔に手を当て、うめき声を発して暴れだしました。

公判は一時休廷しましたが、午後1時20分過ぎに横浜地裁で再開し午後2時15分ごろ、閉廷しました。

ネット上では、「精神異常の演技だろ」「裁判近くなってビビりだした」など批判と呆れる声で溢れています。

植松被告についてネットの批判の声含めてまとめました。

植松聖被告のマンガ1
植松被告のマンガが上手いと話題に!獄中漫画「TRIAGE」が販売。。2019年1月8日、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で、2016年に入所者ら45人を殺傷したとして殺人罪などに問われてい...
新立文子
【動画】新立文子の保釈中インタビューがヤバイ!反省なし。。滋賀県大津市の交差点で園児2人が死亡した事故で、新立文子被告(53)が、保釈中にANNの単独取材に答えています。 これが幼い子供の...
アマゾン配達員は誰で顔や名前は?京都市伏見区で荷物放り投げ!
【動画】アマゾン配達員は誰で顔や名前は?京都市伏見区で荷物放り投げ!2019年1月6日までに、京都市伏見区の路上でアマゾンの配達員とみられる男性が荷物を乱暴に放り投げる様子を撮影した動画がネット上に拡散し...

植松聖被告が初公判で暴れる

植松聖被告

相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年に入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員植松聖被告(29)の裁判員裁判の初公判が8日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で行われた。午後4時15分までの予定だったが、植松被告の不規則行動などがあり、午後2時15分ごろ、閉廷した。

植松被告は、検察官が起訴状を読み上げた後、裁判長から質問を受ける中で「皆様に深くおわびいたします」と口にした後、激しく体を動かした。自ら舌をかむかのような動きの後、首を絞めるようなそぶりをした。

植松被告はその後、パーテーションで仕切られた傍聴席に座る、被害者参加制度を利用した遺族らの方向に突き進もうとしたが、4人の刑務官に羽交い締めにされた。「やめなさい!!」と怒鳴りつけられたが、動きをやめず、床に押さえ付けられた。出血は見られなかった。その後、傍聴人と報道陣には退廷が命じられた。

検察側と弁護側の事実関係には争いがなく、争点は植松被告の刑事責任能力の有無だった。弁護側は同被告が大麻を使用した影響で精神状態が不安定だったとして無罪を主張した。

引用:日刊スポーツ

植松聖被告が暴れたことに対してネットの声は?

植松聖被告

植松は責任能力の無さを演じてるとしか思えない。
死刑を免れるために。
司法は見抜いて頂きたい。

狙ったな。こいつだったら考えてやりそう。

茶番に付き合う必要ないと思いますけど。

どうも裁判近くなってビビり出したらしいからな

演技だろ。これで無罪になったら暴動おこるぞ笑

演技派やな。しかしこんな輩の執筆漫画を載せる三流雑誌があることの方が謎。

責任能力が無ければ、多数の人殺しなど実行不可能です。発狂して振り回した刃物が間違って人に当たったのとは違うのだから。
日本の法曹は、そういう解釈に統一してもらえませんかね。

くさい芝居しやがって

暴れるとか何のパフォーマンスだよ
呆れるわ

責任能力に問題がある様なふりをしたんだろう。
そもそも「責任能力」が無ければ、何をしてもいいのか?

植松聖被告は精神異常の演技をしているのか?

植松聖被告

そもそも、植松被告が起こした事件ですが計画的犯行と言われています。

植松被告は、衆議院で大島理森議長あてに持ち込んだ手紙で殺害予告し、

・「職員の少ない夜勤に決行」

・「見守り職員は結束バンドで身動き、外部との連絡をとれなくします」

などと書き込んでいました。

もっとも、手紙では、障害者の安楽死を求め、その理由として、世界の経済や平和のためになるなどとしたり、

UFOを2回見たと明かしたりするなど、異常などとも思える内容もあったようですが、植松被告はノーマルでないことを認識をしていたようです。

もし、精神病患者なら自分が病気であると思っていない人が多いようですが、ノーマルでないことを認識しており、判断能力があったと考えられるとされています。

そして、初公判が2019年1月8日に行われましたが、争点は植松被告の刑事責任能力の有無のようです。

普通これだけの人を殺めて死刑にならないのはあり得ないですよね。

つまり、植松被告が死刑を免れるには刑事責任能力の有無しかありません。

当然それは分かっているでしょうし、今回の初公判で暴れたのも精神異常をアピールするパフォーマンス、つまり演技をしていたというのは十分考えられますね。

植松聖被告が初公判で暴れる事件についてまとめ

初公判で植松被告が暴れた件についてまとめました。

やはり、演技だろと指摘する声が多いですね。

むしろこれだけの事件を起こして無罪になるようなことがあったら世も末ですよね。

獄中で漫画も書いてるようでそれについても話題になっています。

興味がある方はこちらの記事もご覧ください。

植松聖被告のマンガ1
植松被告のマンガが上手いと話題に!獄中漫画「TRIAGE」が販売。。2019年1月8日、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で、2016年に入所者ら45人を殺傷したとして殺人罪などに問われてい...
越前市内で10棟を焼く火事
【動画】越前市平和町で火災!山田育夫さんの住宅!火事の原因や場所は?2019年12月29日未明、福井県越前市平和町の山田育夫さんの住宅兼工場で火事がありました。 消防車11台が出動し消火活動にあたる...
廣田堅固
広田堅固逮捕!川越ホテル殺人事件!藤井正美さん犯人の顔画像や情報は?2019年12月19日、埼玉県川越市のホテルで女性の遺体が見つかった事件で、 20日夕方に現場から約10キロ離れた北坂戸駅近くの路...
スポンサーリンク

スポンサーリンク