話題のニュース

中国もアメリカに続き電子タバコのネット販売禁止!日本の電子タバコは大丈夫?ネットの反応は?

電子タバコ
スポンサーリンク

世界各地で電子タバコの規制が厳しくないっているなかで米国の電子タバコ販売禁止に続き中国も電子タバコのオンライン販売が禁止されたことが話題になっています。

なぜ、ネット販売が禁止されたのか?

中国では現在、電子タバコが急速に拡大中で電子タバコの喫煙者は15~24歳の若者が中心となっており、その若者の健康被害を防止するためにネット販売禁止に踏み切った模様です。

電子タバコ

現在売られている電子タバコは若者に受け入れやすいデザインでカッコイイ物やカワイイ物が多くカスタマイズ性が高いのでオシャレアイテムとして使用されているようです。

電子タバコ

口の中で爆発する事故も多数報告されていているため器具の危険性なども指摘されています。


他の電子タバコ販売禁止の国は?

アルゼンチン = 禁止。
アルゼンチンでは、販売、輸入、製造は地元の規制当局によって禁止されているだけでなく、その使用は十分な証拠がないことから、たばこ禁煙のための国民の診療ガイドラインによって落胆されている

ブラジル = 禁止
電子タバコはタバコ製品として規制されています。輸入、販売及び広告も禁止。

ブルネイ = 禁止
それはタバコ製品の模倣とみなしているため、販売を禁止。罰金もある模様です。

インドネシア = 禁止

ジョルダン = 禁止。
ニコチンフリー製品を含む電子タバコの輸入および販売を禁止しています。

マレーシア = 禁止。
電子タバコは、医薬品等の医療機器となっている。
医薬品認定取得されたものに限り、薬局で店頭で購入できる。

メキシコ = 禁止
タバコ製品として販売、生産、流通、輸入またはいかなる種類の広告が禁止。

ノルウェー
使用はOKですが販売はNG、個人使用に限られます。

オマーン = 禁止。
電子タバコの販売は許可されていません。

パナマ共和国 = 禁止。
インポート、配布および販売は禁止。

カタール=禁止。
レポートは全面禁止が所定の位置にあると言う。

シンガポール=禁止。
タバコに模したジョークアイテムも罰金の対象となる。

台湾 = 禁止
すべての製品に製薬ライセンスが必要。

タイ = 禁止。
タイは徹底した禁煙王国、水タバコ・電子タバコの輸入禁止!

アラブ首長国連邦(UAE)=禁止

ウルグアイ = 禁止

ベネズエラ = 禁止

なお、この情報は最新じゃない可能性がありますので詳しく知りたい方は各国の政府機関にお問い合わせください。


日本の電子タバコは大丈夫?廃止は?

現在販売禁止となっているのは、アメリカでいう電子タバコ(VAPE)はリキッドと呼ばれる液体を気化させて香りのついた水蒸気を吸うタイプのものです。「POD」と呼ばれる、ニコチン入りのリキッドを吸入できる新しい電子タバコで、VAPEと似通った構造です。

一方、日本で主流となっている電子タバコはiQOS(アイコス)Ploom Tech(プルームテック)glo(グロー)といった加熱式タバコで中に本物の煙草の葉が入っており、それを加熱して中のニコチンのみを吸入するタイプになっています。

日本国内では液体ニコチンの販売は薬事法で禁止されているため、日本国内の電子タバコにはニコチンは入っていない。

現在、日本の電子タバコはタイプの違うものとなっていますが、アメリカの香りや味のついた電子タバコの規制に関して日本でも同じような危険性や社会的影響があると考えられれば今後何らかの規制などの処置がとられる可能性もあるかもしれませんね。


気になるネットの反応は?

中国やアメリカを見て日本は何も学ばないのかな。
子宮頸がんワクチンも義務化しないし、電子タバコも禁止しないって本当にこの国終わってると思うよ。

中国でも、電子タバコは、買えなくなりつつある。なんで日本だけ?

中国アリババ、米国内で電子たばこ関連部品の販売を中止
なぜか日本だけは電子タバコ、ウェルカム状態

日本だとgloとかプルームテックっていうニコチン入りの電子タバコの機械とスティックがあるけど、日本で実験してるみたいで韓国や中国では違法みたいだね‥。アメリカでも確か違法だったような。日本だけ普通に売ってるのが逆に怖いw

「電子タバコの被害は小さい」というのはタバコ会社の宣伝戦略にすぎず、規制を強化する必要があるとしている。WHOの警鐘と同じ対応を取る中国政府。日本政府は加熱式タバコの対応どうするんですか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク